★県庁フードドライブ開催

 11月14日 県庁オープンデーにあわせて

 家庭にある食品で子ども食堂を応援しよう!


11月14日は、埼玉県民の日!

この日は、県庁オープンデーが行われるのですが、その中で、初めてフードドライブを開催します。

集まった食品は、フードバンクを通じて子ども食堂やフードパントリーなどに寄贈させていただきます。

埼玉県庁で1日受け付けているほか、この日に来られない方は、事前に郵送いただいたり、事前に持ち込んでいただいても構いません。

家庭にある食品で、県内の子ども食堂などの子供支援の取組を応援してみませんか?

企業様や団体様の参加も大歓迎です。

皆様の御参加をお待ちしています!

県庁フードドライブ概要

 日 時:令和元年11月14日(木) 9:30~16:00

 会 場:埼玉県庁 3階渡り廊下(本庁舎と第二庁舎の間)

      さいたま市浦和区高砂3-15-1

 寄贈先:子ども食堂などの居場所づくり活動、フードパントリーなど

寄贈いただきたい食品

 ・賞味期限が設定されている場合は1か月以上余裕があること

 ・未開封で常温保存ができる食品

例示

 レトルト食品、調味料、缶・瓶詰

 お菓子・スナック類

 ジュース・コーヒーなど

 インスタント麺・乾麺

 乾物(ふりかけ・海苔など)

 野菜・果物・米など

※お受けできない食品の例

 肉・魚、冷凍・冷蔵品、アルコール類


★お問い合わせ・食品の事前送付・持ち込み先はこちら

 埼玉県福祉部少子政策課こどもの未来応援担当

 〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1

 埼玉県庁本庁舎1階少子政策課内

 電話:048(830)3204

 E-Mail:kodomoouen@pref.saitama.lg.jp


こどもの居場所づくりアドバイザー派遣制度スタート

申込受付中!

無料でご利用できます


こども応援ネットワーク埼玉 新規会員募集中


見えにくい子供の貧困

7人に1人の子供が貧困状態!!

7人に1人の子供が貧困状態、いわゆる相対的貧困状態におかれていることを御存知ですか?

相対的貧困とは、当たり前の生活が営めない状態のことを言います。

例えば、3食をきちんと食べられないとか、修学旅行に行けないとか、学びたくても塾に行けないとか、部活動の道具を買えないとか、家が狭かったり机がないなど勉強できる環境がないとか。

日本の子どもの貧困は外見ではわかりにくく、見えにくいのが特徴で、ついつい見過ごされてしまいがちです。

子どもたちが育った家庭環境によって質の高い教育を受けることができず、結果として仕事に就けない・・・。

毎日があきらめの連続で、将来の希望が持てず、生きる力が奪われていく・・・。

生活保護を受けている家庭で育ったこどもの4分の1が大人になって再び生活保護を受ける・・・。

こうした「貧困の連鎖」が、深刻な社会問題となっています。

貧困の連鎖解消に向け、社会全体で力を合わせ取り組んでいく必要があります。

「こども応援ネットワーク埼玉」とは?

貧困の連鎖の解消に向け、社会貢献活動等を行う団体・企業や個人のネットワークです。

埼玉県が発起人とともに共同で立ち上げました。

会員の皆さんの得意な分野を生かし、自分たちでできることを自分たちで考えて実行することによって、すべての子どもたちがチャンスと希望を持って素敵な大人になれるような社会を目指します。

誰でも無料で会員になれます

趣意書に賛同いただき、埼玉県内で下記の①~⑩の社会貢献活動を1つ以上実施する団体、個人ならどなたでも登録できます。(活動予定も含む)


①金銭の寄附

②こども食堂等の子どもが安心できる居場所づくり

③食材や物資提供のほか、様々なサービスの提供

④体験活動の機会の提供

⑤学習支援の機会の提供

⑥ボランティア活動

(企業・事業所、団体の場合は社員や構成員によるボランティア活動)

⑦親子への支援

(就業や家計、子育て、住まいをはじめとする暮らし全般の相談等のサポート)

⑧場所やスペースの提供・フードドライブBOXの設置

⑨広報・PR活動

⑩その他の社会貢献活動、公益活動

入会すると こんなメリットが!

会員となった団体や個人の社会貢献活動の様子を県のホームページや県のフェイスブックページ「こども応援ネットワーク埼玉」で積極的に広報するほか、会員にとって有益な情報提供を行います。

また、社会貢献活動等の対象となる支援先に関する情報提供やマッチングを行うなど、社会貢献活動を推進しやすい環境づくりを行います。

■埼玉県が応援すること

✔ 県が支援先のマッチングをお手伝い

✔ 県のHPに団体名やリンク掲載

✔ HPやSNSで会員の活動を発信

✔ 県から有益な情報を随時お届け

✔ イベント出展などのお声かけ


★「こども食堂応援基金」を創設 寄付の募集を開始しました

 子ども食堂等の「子どもの居場所」づくりの支援に役立てます

埼玉県社会福祉協議会が埼玉県とタッグを組んで、子供の居場所づくりのための基金を設立しました。

名付けて「こども食堂応援基金」。

子ども食堂だけでなく、無料塾やプレイパークなど、子供の居場所づくりに取り組む団体の立ち上げや運営にかかる費用を助成することを目的としています。

これまで、埼玉県全域を対象にした子供の居場所づくりに特化した基金制度がありませんでした。

この基金によって、子供の支援のために寄付をしたい企業や団体、個人が寄付をしやすくなります。

埼玉の子供たちのために、皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。


1 基金名

 こども食堂応援基金

2 活用例

 埼玉県が実施する「こどもの居場所づくりアドバイザー派遣事業」と連携し、子ども食堂や無料塾、プレーパーク(遊び場)等の多様な「子どもの居場所」の立上げや運営のための資金の支援を行う。

3 寄付申込方法

 以下の方法で寄付申込み後、専用口座へ寄付金を送金してください。

(1)インターネットによる申込

 埼玉県社会福祉協議会のホームページ上の入力フォームによる申込

(2)郵送での申込

寄付申込書様式に必要事業を記入の上、下記まで郵送

(寄付申込書は本会から郵送しますので、ご連絡ください。本会ホームページからもダウンロードできます。)

4 申込み・お問い合せ

http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/volunteer/news/info/post-42.html

お申し込みの際には、上記ホームページ記載内容を御確認ください。

社会福祉法人 埼玉県社会福祉協議会 埼玉県ボランティア・市民活動センター〔地域活動支援課〕(担当:岡本・大島)

Tel:048-822-1435

ファックス:048-822-3078

Eメール vc@fukushi-saitama.or.jp



MAP

こども応援ネットワーク埼玉事務局

(埼玉県福祉部少子政策課内)

〒330-9301

埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1 埼玉県庁本庁舎1階 少子政策課内

電話 048-830-3204

e:mail  kodomoouen@pref.saitama.lg.jp