内田貴之

記事一覧(2)

こども応援ネットワーク埼玉 設立趣意

 毎日の食事が給食だけ。 晩御飯をいつも一人ぼっちで食べている。 経済的な理由で、修学旅行に行けなかったり、部活動に参加できない。 塾に通うことができずに、進学の幅が狭められてしまう。 子供たちが育った家庭環境によって、普通の子供たちが「あたり前」にしている生活を営むことができずに、やりたいことをあきらめ、さびしい思いをしている子供たちがたくさんいます。 でも、「今の時代に、そんな子がいるのか」とおっしゃる大人が多いのが現実。こうした子供たちは見えにくいために気づくことができず、見過ごされてしまっているのではないでしょうか。 子どもたちが安心して笑顔の毎日を過ごせるように守ってあげるのは私たち大人の責任です。 そこで、私たちは「こども応援ネットワーク埼玉」を発足させました。 私たちは、県民の皆さんをはじめ企業、NPO、各種団体、行政などの様々な立場の皆さんと手を携えて、孤立や困窮の中にある子供を見過ごすことなく守り、笑顔を育んでいきます。 おいしいご飯を、みんなで楽しくお腹いっぱい食べましょう。 学ぶことの楽しさを知ってください。そして、たくさんの大人や友達とふれあう機会を持ってください。 私たちは輝かしい将来の夢や目標を持って、それを目指して頑張る子供たちを精一杯応援していきます。 そして私たち大人も、子供たちの笑顔からたくさんの元気をもらいます。 私たちはこのネットワークを通じて、子供たちを応援しようと立ち上がった会員の皆さん同士のつながりを大切にし、会員相互の情報共有を図りながら、会員自身が得意なことや持ちあわせている資源を存分に生かし、着実に実行に移していきます。 私たちの考えに賛同していただける仲間を募りたいと思います。 ぜひ御一緒に、できることから、一つひとつ、前に向かって取り組んでいきましょう。 すべての子供たちが、チャンスと希望を持って素敵な大人になれるように。毎日の食事が給食だけ。 晩御飯をいつも一人ぼっちで食べている。 経済的な理由で、修学旅行に行けなかったり、部活動に参加できない。 塾に通うことができずに、進学の幅が狭められてしまう。 子供たちが育った家庭環境によって、普通の子供たちが「あたり前」にしている生活を営むことができずに、やりたいことをあきらめ、さびしい思いをしている子供たちがたくさんいます。 でも、「今の時代に、そんな子がいるのか」とおっしゃる大人が多いのが現実。こうした子供たちは見えにくいために気づくことができず、見過ごされてしまっているのではないでしょうか。 子どもたちが安心して笑顔の毎日を過ごせるように守ってあげるのは私たち大人の責任です。 そこで、私たちは「こども応援ネットワーク埼玉」を発足させました。 私たちは、県民の皆さんをはじめ企業、NPO、各種団体、行政などの様々な立場の皆さんと手を携えて、孤立や困窮の中にある子供を見過ごすことなく守り、笑顔を育んでいきます。 おいしいご飯を、みんなで楽しくお腹いっぱい食べましょう。 学ぶことの楽しさを知ってください。そして、たくさんの大人や友達とふれあう機会を持ってください。 私たちは輝かしい将来の夢や目標を持って、それを目指して頑張る子供たちを精一杯応援していきます。 そして私たち大人も、子供たちの笑顔からたくさんの元気をもらいます。 私たちはこのネットワークを通じて、子供たちを応援しようと立ち上がった会員の皆さん同士のつながりを大切にし、会員相互の情報共有を図りながら、会員自身が得意なことや持ちあわせている資源を存分に生かし、着実に実行に移していきます。 私たちの考えに賛同していただける仲間を募りたいと思います。 ぜひ御一緒に、できることから、一つひとつ、前に向かって取り組んでいきましょう。 すべての子供たちが、チャンスと希望を持って素敵な大人になれるように。